遊民ジャーナルの概要と目的

遊民ジャーナルはアイデンティティを考えるきっかけを提供するウェブサイトです。大切なのはオチをすぐに求めないこと。学生から高齢者まで、いろんな方々に元気になってもらうために、表現、勉強、アート、カフェを楽しむ方法をご紹介しています。

最近の大学生はアイデンティティ・クライシスが大きいといわれます。しかし、気にする必要はありません。アイデンティティは歴史的な問題なので、本質的な問題ではないからです。

昔からアイデンティティ・クライシスは存在していました。アイデンティティは家業や人間関係や市域社会と密接に関わっていたため、二十歳前後にはアイデンティティが確立しやすかったのです。

近年は、社会全体でアイデンティティ・クライシスに悩むゆとりができたといえます。人生の自由度や行動の自由度が高まったのです。

とはいえ、自由は意外に罪深い発想や状況です。大学生の方なら感じたことがあるでしょう、多様性という発想が無責任な逃げ口上だということを。

現代において、実際どのように自分を位置づけていったら良いのか、分かりにくくなってることも確かです。現代社会は勝手なもので、多様性といいながら実はいちようせいや画一性しか生み出せてきませんでした。この点も大学生のあなたたちは痛感していることでしょう。

「遊民ジャーナル」は社会と自分に対するもどかしさを少しでも緩和できるように応援します。また、アイデンティティを慌てて確立するような煽りに反対し、煽りから自由になれるようにも応援します。

タイトルとURLをコピーしました