昆明市博物館と文化巷へ:飛虎隊展示室を観た後の不思議な巡り合い

2017年8月に中国雲南省昆明市に旅行へ行きました。

その時の日記を書いています。

8月22日は午後から妻と、昆明市博物館へ行きました。

昆明市博物館と文化巷へ

中国雲南省昆明市博物館の建物の写真

中国雲南省昆明市博物館

私は2度目か3度目です。

行くたびに気になって入っていくコーナーが「飛虎隊展示室」(昆明フライングタイガース博物館)。

日中戦争期の米軍ボランティア・チーム「フライング・タイガース」の栄光と中国軍との連携を称えた展示コーナー。

 中国雲南省昆明市博物館 私は2度目か3度目です。行くたびに気になって入っていくコーナーが「飛虎隊展示室」

中国雲南省昆明市博物館「飛虎隊展示室」

すると「飛虎隊文物展」という特別展が催されているようです。

常設展だけでもかなり展示物が多くて楽しめるのですが、今回は更に少し増えているのでしょうか。(結局わかりませんでした)

中国雲南省昆明市博物館「昆明飛虎隊紀念館」《飛虎隊文物展》

中国雲南省昆明市博物館「昆明飛虎隊紀念館」《飛虎隊文物展》

改めて観ていると、私にとってやはり衝撃なのがウォルト・ディズニー。

雲南飛虎隊博物館「飛虎隊展示室」に展示されているウォルト・ディズニーの飛虎隊(フライング・タイガース)用イラスト。

雲南飛虎隊博物館「飛虎隊展示室」に展示されているウォルト・ディズニー社の飛虎隊(フライング・タイガース)用イラスト。

ウォルト・ディズニーの描いた絵が飛虎隊のマークになったことを数年前に知りましたが、改めて深く考えてしまいます。

雲南飛虎隊博物館「飛虎隊展示室」に展示されているウォルト・ディズニー社の飛虎隊(フライング・タイガース)用イラスト。

雲南飛虎隊博物館「飛虎隊展示室」に展示されているウォルト・ディズニー社の飛虎隊(フライング・タイガース)用イラスト。

説明文を和訳してみますと

ウォルト・ディズニー社が作成した「フライング・タイガー」(飛虎隊)の記章。

勝利に向かって飛ぶ羽をもった激しいトラ。このエンブレムをハリウッドのウォルト・ディズニーがデザインし、アメリカ合衆国義勇軍(American Volunteer Group; AVG)の飛行機に描かれました。

今、アメリカにも中国にも日本にもディズニー・ランドがあります。そして、日本から中国に旅客機で行けます、戦闘機ではなく。

飛虎隊展示室を観た後の不思議な巡り合い

その後、中国でも絶滅危惧種となりつつある書店というものを探して文化巷へ。

その近くの昆明市最大の繁華街兼洋人街にも行き、休憩にカフェへ。

文化巷近くの昆明市最大の繁華街兼洋人街

文化巷近くの昆明市最大の繁華街兼洋人街

確かに麗江や代理よりも遥かに洋人が多いです。活気があります。

すると、隣に座っていた洋人男性が流暢な中国語でメニューを伝えました。

妻と二人で驚きます。

妻が尋ねると、なんとアメリカ人。

3人で中国語と英語で少し話をしました。

十数年中国に暮らして、大理市で家族と暮らしているとのこと。タフです。

すると、妻が今朝観た飛虎隊のことを思いだし、美中日(アメリカ・中国・日本)の3人が1つの席に座っていることに感動しました。

76年前、昆明の空を中美空軍と日本帝国空軍が戦ったが、いまは昆明のカフェで同じ椅子に座っています。このことに気づいた妻が感動して少し涙ぐみます。

私の英語は貧しいので、Unbelievableを連発してしまいました…。アメリカ人は「平和とかいうけど、またやるかもよ」というアメリカン・ジョークを飛ばしましたが、それがジョークだと知ったのは大阪に戻って知り合いに話した時…。当時は笑えませんでした…。

フライング・タイガー・チームが主に乗っていた戦闘機の一種はキティ・ホーク「P-40E-1」。

WarThunderという戦闘機のゲームで「P-40E-1」に乗りまくる

WarThunderという戦闘機のゲームの「P-40E-1」

洋人街のカフェから半年間。

私はWarThunderという戦闘機のゲームで「P-40E-1」に乗りまくり、ウォルト・ディズニー社が作成した「フライング・タイガー」(飛虎隊)の記章をゲットしました。

昆明市文化巷近くにみつけた服の修理屋さん

昆明市文化巷近くにみつけた服の修理屋さん

その後、少し歩いて昆明新知图书城购书中心へ。

昆明市文化巷近くにみつけた本屋さん

昆明市文化巷近くにみつけた本屋さん

専門書も少し置いてありますが、この数年で中国語の本もポップになってしまいました。

昆明市文化巷近くにみつけた本屋さん

昆明市文化巷近くにみつけた本屋さん

経済学のコーナーは書店最大の面積を誇りますが、私のみたい経済史は無し。面白そうな2冊だけを買いました。

翌日、ホテルの近所で昼食を済まし、同じ建物の書店「EPL 世界の書局」へ寄って3冊を購入。

EPL 世界の書局

EPL 世界の書局

その後、昨日に続き文化巷 (五华区) へ行く。漫林書苑と麦田書店の2軒の本屋を見つけたけど、いずれも3年前にも行った本屋だと思い出す。

民族学と文学の多い書店。民族衣装の本が少なかったので何も買わず。

すると、強烈な雷雨になったので、直ぐ側にあるカフェ、El Amor Cafeへ。

El Amor Cafe, 18 Tian Jun Dian Xiang, Wuhua Qu, Kunming Shi, Yunnan Sheng, CN. El Amor Cafe

El Amor Cafe, 18 Tian Jun Dian Xiang, Wuhua Qu, Kunming Shi, Yunnan Sheng, CN. El Amor Cafe – 中華人民共和国雲南省昆明市五華区天君殿巷18号

大学出たての女子教師が知り合い女子2名に自慢話ばかり。ピザを作ればピザ屋より上手とか、大学時代に朝から夜中まで勉強したとか…。よく喋る女…。2名はドン引きしています。

パソコンで仕事や勉強をしている無関係の2名女性も苦笑気味。

雷雨を避けたカフェで最強の雷雨に遭ったが、室内の電灯が暗めで雰囲気は良かったです。

El Amor Cafe, 18 Tian Jun Dian Xiang, Wuhua Qu, Kunming Shi, Yunnan Sheng, CN. El Amor Cafe - 中華人民共和国雲南省昆明市五華区天君殿巷18号

El Amor Cafe, 18 Tian Jun Dian Xiang, Wuhua Qu, Kunming Shi, Yunnan Sheng, CN. El Amor Cafe – 中華人民共和国雲南省昆明市五華区天君殿巷18号

店を出て少し歩いて、カモメの池「翠湖」へ向かいます。

云南省昆明市五华区天君殿巷

云南省昆明市五华区天君殿巷

[temp id=22]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中