遊民ジャーナルの紹介と目的
ゲーム

労働者ファッション:ANNO1800ボランティアクエスト攻略

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このページでは、ANNO1800クエストをご紹介しています。クエストから世界史の断面を具体的に解説。ANNO1800はわかりやすい世界史のゲームとして勉強や教材に活用できます。関連する記事を読んで、面白い世界史の旅を始めてみませんか!?

ANNO1800のクエスト類はストーリーが楽しいです。ゲーム内に登場する人物や、ゲーム内で必要とされる素材や品物などが活き活きと結びついて、ほんわかしたエピソードを作っています。

以下では、それらのほんわかクエストのなかから、私の専門分野である繊維・アパレルやミシンに関するものをまとめて紹介しています。

ANNO1800に関する記事の一覧はこちら、わかりやすい世界史に関する記事の一覧はこちらをご覧ください。

労働者ファッション:ANNO1800ボランティアクエスト攻略

ANNO1800のクエスト「労働者ファッション」

労働者がデイリー・クエストとして要請してくるものです。労働者住居のエリアに星マークがあれば、このクエストの可能性大。

今回ご紹介するのはボランティア・クエスト。

エピソード

クエストブックに書かれた詳細は次のとおりです。

労働者たちは毎日労働服を修繕する必要がある。日々の生活が楽になるように、彼らはあなたにミシンをお願いしている。

ANNO1800より

目標はミシンを10トン分、住民に提供することです。

クエスト主の一言

クエスト主である労働者自身の言葉を聴いてみましょう。

来る日も来る日も、俺たちの作業着が機械に詰まっちまう。毎晩、破れたところを縫い直してるんだ! 高性能なミシンが何台かあれば助かるんだが…

ANNO1800より

手縫いとミシン縫い

ANNO1800において、職人階級と技師階級ではミシンは「ファッションの屋台骨」と形容され、「需要」の品物に指定されています。そのため、恒常的な供給を求められます。

他方で、労働者階級はミシンに関与していません。一時的にすらミシンを供給する必要がありません。それをふまえると、このクエストで労働者が話しているような、自分の作業服を毎晩縫い直して修理しているのは、手縫いによるものだとわかります。

ミシンは産業革命期最後の1850年にアメリカで登場した財です。労働者階級が住居で自分用にミシンを使うには、あまりにも同時代すぎて手が届かない高価なものだったに違いありません。

ミシンについては、私の姉妹サイト「ミシンの世紀」で詳しく取りあげています。併せてご覧ください。

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました