遊民ジャーナルの紹介と目的

中国と私

中国と私 中国と私

私は中国の街や人や料理が大好きです。

  • 私にとって中国とは何か?
  • 中国に魅了される理由は?

これらの疑問から、中国をとおして自分のアイデンティティを考えています。また、中国の思い出を写真やコラムで綴ったり、中国のテレビ番組をコメントしたりしています。このサイトにお越しくださった方々と私の中国経験を共有できれば幸いです。

CCTV

「中国地名大会」第4回とCCTV「故郷を忘れずに」~北京大栅栏街区

クイズ番組「中国地名大会」の第4回を録画で見ました。もはや1問か2問くらいしか解けません…。今回は北京の大栅栏街区が出題されて、清朝時代にこの地域に柵を張り巡らせた理由を問われました。想像力が刺激されますが難しい問題です。
音楽

改めて聴いた五輪真弓「恋人よ」の破壊力

先日、妻と一緒に1980年代の懐かしい名曲特集をテレビで見ていました。和やかな気分でいろんな曲を聞き流していると、ハタとパソコンを弄る手が止まり、破壊力満点の曲が耳に入ってきました。五輪真弓の「恋人よ」でした。衝撃の気持ちを慌てて文章にしました。
料理・カフェ巡り

2013年に昆明市のレストラン竹里館で食事した思い出

2013年に昆明市のレストラン竹里館で食事した思い出について。このお店は2020年現在すでに閉店しています。
2020.12.15
雲南

CCTV「故郷を忘れずに」第5季第42集:雲南省昆明市の老街特集

中国テレビチャンネルCCTVのドキュメンタリー「故郷を忘れずに」第5シーズン第42集は雲南省昆明市の特集。題名は「《记住乡愁》 第五季 20190304 第四十二集 昆明老街——敢担当 善作为」。第5シーズンは老街に集中した取材をしているため、昆明老街が主題。
上海

私が上海で一番愛してやまない建物「東方明珠」

これまで私が上海へ行った時に写した東方明珠の写真をまとめて紹介しています。このテレビ塔は、団子三兄弟のように丸いフロアが3つ、タワーに串刺しのようにされている独特な外観をしています。上海で一番愛してやまない建物です。
2020.12.10
上海

上海外灘の思い出と収めてきた写真たち

私が上海によく旅をしてきたのは、道路の広さや人の大らかさや料理の美味しさに惹かれたからです。また、街の持っている国際色豊な建造物や街路にも興味をもってきました。これこそモダンだと思える街が上海です。これを一番よく示すのが外灘・バンドです。
CCTV

CCTV大富「中国地名大会」確信の2問

CCTV大富で放映された「中国地名大会」を見ました。この番組は中国各地から地名マニアが参加して競い合うもので、日本の15倍ほどの広さをもつ中国全土を対象にしている点で既に畏怖しますが、妻と一緒に果敢にチャレンジしました。
中国と私

中国と私

カテゴリー「中国と私」では中国の思い出を写真やコラムで綴ったり、中国のテレビ番組をコメントしたりしています。このサイトにお越しくださった方々と私の中国経験を共有できれば幸いです。
2021.01.25
上海

普陀区澳門路にある上海紡織博物館の訪問記

上海紡織博物館(上海纺织博物馆)は中国上海市普陀区にある糸・織物などに関する博物館です。この博物館は同じ上海にある東華大学内の上海紡織服飾博物館とは別のもので、上海申新紡織第九工場跡地に作られたものです。
2020.12.07
上海

外灘から見る浦東の東方明珠と上海中心大厦

上海に来るたびに寄ってしまう浦東と外灘方面。この十数年間で浦東の高層ビル群を写すアングルが変わりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました