大学時代にやってほしいこと

ANNO1800でモントペリカン島を電化

ゲーム学科
この記事は約6分で読めます。

4月15日までの状況

昨日まで育てた街を捨て、ニューゲームに移ろうと思いましたが、一から街つくりするのはしんどいと思って、今日は思い入れのある5島の続き。

といっても赤字の段階からの建て直しでヘトヘトです。資産が5.5Mから3.5Mまで下がる間に、なんとか収支ゼロ弱ほどまでに押さえてられそうです。もう百踏ん張りほどしないと安心できませんが。

4月16日に始めたニューゲーム

本日4月16日から一変してニューゲームを始めました。今回のテーマは、自由貿易を豊かにすることです。具体的には旧世界と新世界を有機的にリンクづけて貿易を活発にしたいと思います。

そして今日のテーマは、複数の島にまたがって同じものが作られている物を一つの島に特化することです。今まで以上に島と品目との関係を見直したいです。手始めに農産品の小麦粉やホップなどビールに関わるものや、ジャガイモ畑とシュナップ工場などを中心に、土地の区画整理を行なっています。

チャーター船で物資を移動させ、生産地の需要と供給だけでなく、非生産地の需要に対しても輸送チェックするので、時間がかかります。物資の在庫量にも注意。

4月19日に技師の段階へ

4月16日からやっている今回のステージですが、ようやく技師の段階までこれました。技師の段階って、旧世界で電気を導入して、新世界との貿易を本格的にやらないと成り立ちにくいので、厄介です。

新世界ではモントペリカンという島とダンストリヒトという島の二つを運営しています。島の属性は次のとおりです。

土地の生産力 鉱床
モントペリカン ジャガイモ、穀物(小麦)、ブドウ、硝石 粘土、鉄、銅、油田
ダンストリヒト ジャガイモ、ホップ、赤トウガラシ、余剰の毛皮 鉄、石炭、亜鉛、銅、石灰岩(セメント)

ダンストリヒトの方で技師の住居を作ったのですが、問題は石油がないっていうことですね。この段階になって油田がないことに気づきました…。他方、新世界のもう一つの島、モントペリカンには油田があるので、石油発電所を建てました。

ちなみに、モントペリカン(Montpellican)はニコル・ジルというパリ人の書いた歴史書に出てくる地名です。彼はルイ11世の公証人および秘書を務めました。モントペリカンの登場する歴史書は1544年におそろしく長い題名のもとで、パリにて出版されました(Nicole Gilles — Wikipédia)。

ANNO1800でモントペリカン島を電化

昨日から風邪を引いているというのに、電化直前の段階ってのめりこんでしまうので、昨晩はダンストリヒトで電気導入の作業に勤しんでいました。油田・油井・石油精製所・石油発電所の関係がイマイチわからず、難儀しました。とくに細かい設定が必要なのが、石油精製所と石油発電所とを結ぶ鉄道の設置です。

鉄道は建物のど真ん中に敷いていきます。右側の線路は私のミス。

この画像は石油精製所ですが、この建物の中央に穴があって線路があります。その線路と建物外部の線路をくっつけないと開通しないんですね。画面が細かすぎて、1コマ分だけ右側に線路をくっつけたら「石油発電所とつながっていない」というメッセージが出てきて、なんどやり直してもメッセージが消えず。石油精製所を拡大してみると、ど真ん中に線路を敷けということでした。

画像は、左側の線路が正解で、右側の線路は間違い。この作業がダメ押しして、おかげで今日は目と頭が痛い。

とにかく、いよいよ電化です。

モントペリカンで余った石油をダンストリヒトの方に輸出するのが今日の課題です。この課題は、石油ルートという新しい取引ルートを使ってやれば済みます。

毛皮のコートの貿易問題

もう一つ問題があって、モントペリカンの方に新世界から毛皮のコートを持って来れていません。そのため技師階級を育てることができないという状況です。

新世界(いわゆる植民地)でも2つの島を運営しています。島の属性は次のとおりです。

土地の生産力 鉱床
ソロコルト バナナ、木綿、ココア、天然ゴム、余剰の真珠、タバコ 油田、金
トレダノス バナナ、サトウキビ、木綿、トウモロコシ、天然ゴム、コーヒー 粘土、金

どちらの島も狭くてパンパンなんですね。その影響で、毛皮のコートの材料となる綿布(綿織物)を作るスペースがかなり限られます。モンドペリカンの方へ毛皮コートの供給ができておらず、ダンストリヒトだけに留まってるというところです。今日の課題はこの問題を打開することです。

今日のクエスト例

ボーっと街を眺めたり、施設の配置を考えたりしていると、たまに住居クエストのアイコンが出ているときがあります。住民の方々がお願いをしてくるわけです。このクエストの報酬がマニアックで、珍しい素材だったり、労働組合に設置するアイテムだったり、博物館や動物園に設置するアイテムだったりします。

今日は2つのクエストを紹介します。

アルパカになった王様

これは住居クエストだったか、クエスト詳細(クエストブック)では「ボランティア・クエスト」となっています。街中に逃げたアルパカを3匹探す課題です。街中はこんな状態。

ANNO1800のボランティア・クエスト「アルパカになった王様」の1コマ。

街中にウロチョロしているアルパカは3匹以上いますが、とりあえずクエストとしては3匹をクリックすれば終了。

このクエストの話は次のとおり。

囲いから逃げ出したアルパカが町中を走りまわっている! 誰かがケガをする前に、この日雇い労働者がアルパカを集めるのを手伝おう。

そして、日雇労働者は次のように私に訴えかけます。

ご主人、アルパカが逃げちまった! くそっ、なんでこんなことになったんだ!? アルパカの群れを元通りにまとめるのを手伝ってくれ、頼むよ!

画像を見てもわかるとおり、のどかな光景です。このゲームには、こういうストーリーが多くて、癒されます。

ラス・ソルダデラス

こちらは街中の人探しのクエスト。これも「ボランティア・クエスト」の一つ。このゲームのもう一つの光景、「反骨」を示すクエストです。詳細は次のとおりです。

この編集長は労働者革命の成功から1周年を記念する記事を書きたいと考えており、あなたに生地に使う写真を撮ってほしいと依頼した。

というわけで、これは撮影クエストです。ANNO1800はクエストで撮影をバンバンさせるのも特徴。

このクエストにまつわって、街中の単純労働者は次のように言明しています。

今日は、私たちの革命から1周年となる日です。編集長はそれを記念する記事の中で、私たち自由戦士の特集を組みたがっています。あなたは私たちを鼓舞してくれました。だからこそ、あなたが写真を撮ってくれることに大きな意味があります。

のどかな反面で反骨で熱いANNO1800。今日の後半戦、先ほど述べた毛皮のコートの貿易問題に取り組んできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました