ウェブで文章を書こう!
アート

どう見る?中国で広がる漢服ブーム:旗袍との比較から

この記事は約8分で読めます。

どう見る?中国で広がる漢服ブーム:人民網日本語版より

人民網日本語版をはじめ、中国のメディアは近年の漢服ブームによく言及しています。

近年、中国では漢服が大流行し、街中や公園、観光地だけでなく、書店や博物館などでも、髪をアップスタイルにし、漢服をなびかせる女性らをしばしば見かける。人民日報海外版が報じた。http://j.people.com.cn/n3/2020/0828/c206603-9739286.html

近年の漢服は外出着として人気があります。写真映えするために書店や博物館へ行って古風なイメージを加えることもあります。

このような状況のもとで、2020年のコロナ禍で結婚式を予定通りに行なえなかったカップルたちを取りあげた次の記事が象徴的です。

江蘇省南京市の新婚カップル20組が5月20日、莫愁湖公園で「愛に満ち憂い無き建鄴」漢服合同結婚式を行った。式では、新郎新婦が揃って天地を拝する「拜堂」の手を洗い清める「沃盥の礼」、ひょうたんを2つに割った杯を合わせて縁固めの杯を交わす「合卺の礼」、新郎新婦の髪を切って結び合わせる「結髪の礼」など伝統的な儀式が次々と行われ、「幸福の道」への第一歩を踏み出した。中国新聞網が伝えた。http://j.people.com.cn/n3/2020/0521/c94638-9692720.html

漢服が普段着用に着られて、イベント衣装や結婚式衣装に着られないわけではないことがわかります。漢服にはラフなイメージがありますが、結婚式に伝統的な儀式を行なうことから、必ずしもインフォーマルの側面だけから近年の漢服を考えることはできません。

ivxintongによるPixabayからの画像

他方で、現代社会は服装面からみるとルーズになっています。これは20世紀に対して21世紀初頭の特徴だといえます。このことを20世紀の中国民族衣装の旗袍と近年の中国民族衣装の漢服とを比べて考えてみましょう。それぞれ何がルーズなのでしょうか。

旗袍と比較すると漢服は

中国では20世紀の民族衣装として旗袍が長らく着用されてきました。21世紀初頭から民族衣装は漢服に移行してきました。移行というのは趨勢であって、同一人物が旗袍を脱いで漢服を着るようになった訳ではありません。旗袍を着る年配の人が減って、漢服を着る若年層が増えたということです。ですから、中国の民族衣装が旗袍から漢服へと変わったわけではありません。

漢服の流行要因

20世紀に着られた旗袍は世紀前半には女子学生から大人まで幅広い年齢層をカバーしていました。これに対して20世紀後半は香港・台湾・中国大陸の多くの地域で年齢層の高い人たちだけが着るものになりました。時代とともに世代がズレたわけです。

20世紀後半の若者は徐々に人民服や洋服へと移っていきました。21世紀になると旗袍をはじめ人民服や洋服を着ていた世代と違う世代が出てきます。90年后と呼ばれる世代です。

「2020漢服消費動向洞察報告」によると、天猫(Tmall)で漢服を購入している人のうち、女性が約8割を占めている。そのうち、「90後(1990年代生まれ)」と「95後(95‐99年生まれ)が主力だ。漢服市場では、「漢尚華蓮」や「重回漢唐」、「如夢霓裳」などの人気ブランドも生まれている。http://j.people.com.cn/n3/2020/0828/c206603-9739286-3.html

今の若者たちは両親や祖父母の世代が着用してきた20世紀の服装に対し、感覚疲労を起こしています。それが漢服の新しい流行要因の一つです。

2000年代の旗袍と漢服

既に2000年代には旗袍はイベント衣装になっていました。この現象は中国大陸だけではなく台湾や香港などでも確認できることです。レストランのウェイトレスや結婚時の新婦が着る衣装となっていました。

旗袍は比較的タイトな衣服です。2000年代からイベント衣装に加えて、旗袍はミニスカート化(ミニドレス化)することでコスプレ衣装としても着られるようになりました。コスプレ衣装として旗袍は世界中で人気を得ます。

このコスプレ衣装となった旗袍に対して、別の場面で着られる衣装として出てきたのが漢服です。これも2000年代のことです。

06年に設立された「重回漢唐」は、中国初の実店舗を構える漢服専門ブランドだ。06年に1号店がオープンした後、今では、中国全土20都市以上で約30店舗を展開するまで拡大しており、その成長は漢服産業台頭の証となっている。昨年、「重回漢唐」の売上高は1億元に達し、ここ3年で10倍の成長を実現した。http://j.people.com.cn/n3/2020/0828/c206603-9739286-3.html

この記事は2000年代に漢服が流行してきたことを示しています。当初は旗袍と似たイベント衣装だったでしょう。

2010年代の漢服

しかし、2010年代に漢服の流行は拡大しました。冒頭に引用した記事では、2010年代に用途が変化した点を述べています。つまり、2000年代に対して、2010年代の漢服は日常着つまり普段着として着られるのが多くなりました。

漢服は唐服であろうと明服であろうと、時代を問わずゆったりしていて、隙間やゆとりの多い衣装です。悪くいえば隙がある服ですが、しっかり帯を締めれば、同じルーズな和服と同様に、前近代のようなだらしなさは減ります(和服は襟元が相変わらず弛んでますが)

。漢服はゆったりした点でルーズなのです。他方で旗袍はミニドレスになりましたので、セクシーさとセットになっただらしなさという意味でのルーズさをもつようになりました。

ルーズな漢服を若者が愛用する理由

漢服のルーズさは、世代的にみると若者に向いています。また、若者向けの漢服としてアパレル業界が動いたという相互作用もあります。

ツーピースを堪能できる漢服

妻がいうには上下で遊べるから漢服は面白い、そんなメリットもあります。旗袍はワンピースですから、上にカーディガンを羽織るなどしても、組み合わせを楽しむことが難しいです。

ワンピース本体の生地デザインや上半身に付けられるチャイナボタンを楽しむことからして、ツーピースで着用するというのは副次的な関心になります。

AlynによるPixabayからの画像

これに対して漢服はツーピースが前提ですから、上下の組み合わせを楽しめます。そして上は上、下は下の柄も楽しむ点で、漢服は普段着または外出着としての楽しみを捉まえたわけです。

ヘアスタイルを堪能できる漢服

もう一つ大切なのは、漢服は旗袍と違って髪型を色々アレンジしやすい点です。もちろん、漢服も旗袍も、ロングヘアのまま髪をアップしても似合いますし、ショートヘアでもカッコいいです。

しかし、旗袍の場合は立領が強調されますから、ヘアスタイルは立領を邪魔しないための副次的な事柄になります。これに対して、漢服の場合には、立領のタイトさがありません。アップにした場合でも横の髪は下ろして良いですし、簪(かんざし)をいろいろ変えて楽しめます。

このように、漢服は上衣と下衣の組み合わせに、髪型を加えたスリーピースで遊べるわけです。このような組み合わせの遊びはインターネットの普及と相まって無数に紹介されています。

動画サイトの普及により、漢服を着ることのできるさまざまなシーンがリアルな形で提示され、漢服と一般の人の距離が縮まった。Bilibiliや抖音、快手などのサイトには、漢服を着たシーンや着用スタイルが数え切れないほどある。http://j.people.com.cn/n3/2020/0828/c206603-9739286-2.html

まとめ

漢服ブームの理由は

  • 20世紀に人気のあった旗袍・人民服・洋服に対する感覚疲労。
  • 新しいコスプレ衣装とイベント衣装。
  • ヘアスタイルや他のアイテムと楽しめる組み合わせ。

に集約されます。

漢服ライフを楽しむ妻れいれい

妻もまた2020年8月頃から漢服に興味をもちはじめ、淘宝網(タオパオ)で漢服を買いました。ジャケットを5着、スカートを1着買って、上下の組み合わせを楽しんでいます。また、いくつかの簪と靴とハンカチーフも買いました。

やはり、髪型を色々変えられるのが楽しいとのことでした。髪型には長い鬘(かつら)、それに加え生花や造花の付いた簪がとくに人気とのこと。ハンカチーフは口許を覆うためで、時節柄マスク代わりになるのでしょう。漢服にマスクの組み合わせは時代劇ドラマにもよく出てきます。

漢服ライフを楽しむ妻の写真や動画を以下にご紹介します。漢服のアイテムにも注目してご覧ください。

なお、この記事で漢服に対比した旗袍。妻は大阪の「Atelier Leilei」で旗袍の制作販売をしております。漢服とは違った味をもつ旗袍も楽しんでください。

コメント 質問や感想をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました