大学時代にやってほしいこと
私のお気に入り

いろんなジャンルで私のお気に入りを挙げています。あなた自身の興味の発掘や会話・質問等のネタ作りにお役立て頂ければ幸いです。

詳細はこちら

経験・学歴別資格への道シミュレーション 図書館司書編

生涯学習
スポンサーリンク

スタディサプリ社会人大学・大学院編集部より、経験・学歴別資格への道シミュレーション 図書館司書編のお知らせをいただいたので転載します。

経験・学歴別資格への道シミュレーション【図書館司書】

2ヶ月の通学を含む半年の受講で取得可能な国家資格。

より時間をかけ通信で取得することも可能です。

小学校にあった図書館や地域の図書館…みなさん一度は利用したことがあるでしょう。近年は、地域づくりや起業支援、多様な人々のキャリアサポートなど、新たな役割が注目されています。

「図書館司書」は、その図書館で本を管理したり、利用者に対するサービス業務を行う専門職。本好きの方なら憧れたことのある人も多いのではないでしょうか。図書館司書は、貸出や返却の対応、在庫書籍の選定や購入、イベントの企画や運営など、図書館に関する業務全般に関わります。

近年は、指定管理者制度により図書館施設を運営している民間企業やアクティブラーニング推進のために学校図書館を拡充する学校などが司書資格を持つ人の採用を増やしたことで、就職環境は改善されてきています。

図書館司書は国家資格であり、大学や短大で司書資格取得に必要な科目を履修する必要がありますが、大学または短大の卒業者なら通信制大学・一般大学の正科生(編入学)、もしくは科目等履修生として半年~1年間学ぶことで、資格の取得ができます。

例えば聖徳大学通信教育部短期大学部の図書館司書過程では、ゴールデンウィーク(5月)・夏期(7~8月)・冬期(12月)・春期(2~3月)と年4回あるスクーリングのうち3回の受講とWEB授業で26単位を取得すれば、最短1年での資格取得が可能。春入学も秋入学も可能です。2019年からはWEBスクーリングがスタートし、受講の日程がより組みやすくなりました。

また、テキスト履修と2ヶ月程度の通学を並行して進め最短半年での所得を目指せる八洲学園大学の司書過程のような例もあります。あなたに合った学び方ができる大学を、ぜひ以下のリンクより探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました