ウェブで文章を書こう!
雲南

緑の深い広々した昆明翠湖

この記事は約4分で読めます。

緑の深い広々したした昆明翠湖

翠湖は英語でいうGreen Lake。つまり緑色の湖です。湖は青色と思いがちですが、翠湖は植物が豊富なため、いろんな緑色を私たちに見せてくれます。

翠湖の位置

文化巷から南西へ少し進むと翠湖があります。この湖には公園が併設されています。街の中心的な観光スポットです。

翠湖は昆明市街地にあり、五華山西麓に位置します。翠湖公園の西門を出たところには雲南陸軍講武堂があります。北側には雲南大学が広大に展開しています。

翠湖の観光ポイント

翠湖は鴎と蓮でよく知られています。庭園風の建築物や柳や石橋が湖の風景をさらに豊かにしています。

翠湖はオールシーズンにわたり観光に適しています。 夏には蓮を見て、冬にはシベリアから紅嘴の鴎の群れと遊べます。

たくさんの鴎が湖の上を飛んでいます。

冬になると翠湖は鴎で賑やかになります。

妻は花が好きなので、昆明に来るたびに私を翠湖に連れて行きます。蓮の花が咲いているか、運試しみたいに花を二人で探します。私は2013年と2017年の2回にわたり訪れ、すっかりこの湖と公園が好きになりました。

一面に蓮が茂っています。

湖を一面に蓮が覆っています。奥の木々の緑色とは違い、ややパステルカラーに近い蓮の緑色が鮮やかです。

翠湖に来ると必ず蓮の花探しをします。この花はあちらを向いていました。

妻は翠湖近くの文化巷で小学校・中学校と過ごしたので、この辺りの場所を私に案内するときは、いつも誇らしげに微笑んでいるのが印象的です。

昆明出身の文化人といえば作曲家ニエアル(聶耳)氏が有名です。ニエアル氏は中華人民共和国の国歌「義勇軍行進曲」の作曲者です。

昆明出身の作曲家ニエアル氏の記念碑

昆明出身の作曲家ニエアル氏の記念碑(人民音楽家聶耳@雲南省昆明市翠湖)

翠湖は広く、公園の中にはお店もあり、食べたり喋ったり、座ったり撮影したり、ゆっくりくつろぐことができます。都会の中にあって都会の喧騒を避けて、贅沢な空間と時間を過ごすことができます。

翠湖にはたまにお店もあるので、小腹が空いたら立ち寄りましょう。

翠湖の名前

柳にぶら下がる赤提灯

翠湖は「八面水翠、四季竹翠、春夏柳翠」といわれるように、水面を蓮が四方八方に広がり、竹は四季をつうじて生い茂り、春と夏には柳がしなります。つまり多彩な緑で満たされているのが翠湖の意味です。

翠湖の真ん中あたりの建物。とりあえず半分来たという感じです。

昆明市最大の滇池は、元朝水位は高く、市外の小さな湖湾群を含んでいました。翠湖もその一つで、周辺には田んぼ、野菜畑、蓮の池がたくさんあったため、翠湖は昔「菜海子」といわれていたそうです。

また翠湖の北東に9つの泉があり、そこで池に合流するため、「九龍池」とも呼ばれました。

翠湖での遊び方

翠湖での遊び方はいくつもあります。

  • ボートを漕ぐ
  • 湖内を撮影する
  • 冬なら鴎に餌をやる
  • いろんな緑色を目で感じる
  • 蓮の花を探す
  • 店で間食する
  • 椅子に座って休む

などです。

冒頭にもお伝えしましたとおり、翠湖周辺には歴史建造物や文化街があります。また、レストランも散在していますから、湖外も含めて半日ゆっくり遊べます。ぜひ昆明に行かれたときには翠湖へお立ち寄りください。

コメント 質問や感想をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました