大学時代にやってほしいこと

同志社大学 日本経済史2

同志社大学

この講義は西村先生と私(岩本真一)の2人が分担して進めていきます。

このページでは私の担当分だけ書いています。この講義は後期に行ないます。前期は「1」です

出町柳駅から出勤した際には必ず鴨川デルタを写すようにしています。息抜きにインスタグラムの「週刊鴨川」をぜひご覧ください♪ 出勤方法の関係で2018年度から難しくなっています…。

出町柳駅から出勤する時は必ず写している週刊鴨川

出町柳駅から出勤する時は必ず写している週刊鴨川

講義内容

繊維産業・アパレル産業(生産面)、ファッション文化(消費面)の観点から日本史を振り返ります。そして、今後の日本経済を見通す多様で幅広い視野を得ます。後期は幕末開港期から1970年代頃までを扱います。主なテーマは3点です。

  1. 19世紀中期以降に日本がミシンを調達していった動向を輸入・国産・輸出からたどります。
  2. ミシン会社にとってミシンを使うメリットは女性像の構築と女性美の形成と女性衣装の形態に影響を与えた点にあったことを理解します。
  3. アパレル産業が戦前期から戦時期を経て高度成長期にいたってどのように変化したかを理解します。

到達目標

物事の時間的位置づけを踏まえ、近視眼的にならず鳥瞰的に物事を理解できるようになってください。材料調達、製造、販売、消費に至る過程の流れをグローバルに理解し、自分に間接的に関わる仕事にまで想像力をもってください。他方で消費者として楽しく視野の広い消費生活を送る判断力を身につてください。

授業計画

第15回は2クラスとも「授業内評価」を行ないます。どちらかのクラスを私が第1回から第7回まで担当し、もう一つのクラスを第8回から第14回まで担当します。

第1回 講義概要 講義の進め方、参考文献、成績評価の方法。講義を進める上で知っておくべき基本事項。
第2回 近代日本のミシン普及(1) 18世紀イギリス産業革命によって糸と布(織物・編物)の大量生産が実現したが、衣服生産は手縫いのままであった。19世紀中期にアメリカで縫製機(ミシン)が実用化されて以降、世界の衣服生産の在り方は大きく変わった。アメリカ・ドイツの動向を踏まえながら、日本の縫製工場におけるミシンの利用を概説。
第3回 近代日本のミシン普及(2) アメリカ・ドイツからのミシン輸入によって、日本では縫製工場だけでなく、家にもミシンが普及していった。家に焦点を当てて、女性のミシン活用について家事労働と家内労働の両面から解説。また、1930年代のミシン国産化にいたる顛末を説明。主な関連ページは「ミシンの特徴1:どこにでも置ける高度な設置自由度」「ミシン国産化の遅延要因 ―特許出願の方向性
第4回 近代日本のアパレル産業(1) 19世紀中期に日本でアパレル産業が勃興した。当初は内戦を起点として軍服生産が活発だったが、同時期に民間でスーツの製造販売も始まっていた。軍服もスーツも毛織物を材料生地に使った衣料品である。この授業では生地と衣料品との関係に注意して、19世紀中期から1930年代までのアパレル産業を概説する。
第5回 近代日本のアパレル産業(2) 日中戦争の勃発から太平洋戦争の終結にいたる時期にアパレル産業は軍服・軍靴などの軍需衣料品生産によって飛躍した。貧困を土台にした戦争期にどのような形で飛躍させたのか。戦時経済統制にも触れながら詳説。
第6回 戦時・戦後のアパレル産業とファッション文化 19世紀中期からの洋服普及と和服普及は、戦時期から1970年代にかけてアパレル産業の破竹の勢いとして結実した。ファッション文化もまた、裁縫教育の普及とともに活発になった。アメリカとフランスへの憧憬に触れながら、この展開を観察。
第7回 現代のアパレル産業とファッション文化 1990年代、アパレル産業は中国への工場移転を行なった。製造販売される衣服はコスト削減による軽量化が図られ、低賃金労働によって運転されている。現代アパレル企業の抱える問題と、貧しくなる衣服について解説する。

成績評価基準

授業内評価:100%(授業内容に対する理解)

参考文献

参考URL

講義資料・関連資料の配布ページ

前期と後期の違いに御留意下さい。前期には後期分が(その逆も)、時期によってはファイルを置いていない場合もあります。関連情報・テスト情報については「Duet」をチェックしてください。

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました