ウェブで文章を書こう!
ワードプレス

ライトサイド・オブ・ワードプレス

この記事は約3分で読めます。

私はこれまで、そこそこ大量の記事を垂れ流しするウェブサイト(ブログ)をいくつか運営してきました。そのことからワードプレスのソーシャルな機能というものを特に重視してなかったんですが、次の記事を読んでハタと立ち止まりました。

もっとも、ワードプレスのソーシャルな機能は、英語での説明ではよく言われていることです。日本語でワードプレスを説明した記事って、だいたい小難しいものが多いです。それで、一瞬、ワードプレスの使い方を日本語で分かりやすく説明している記事に出合うと感覚的に違和感が出てしまうのですが、言われてみれば日本語で交流すればいいやんと思えたのです。

そして、ワードプレスの管理画面で「いいね」やコメントなどの交流ができることを改めて思い出したのです。

ワードプレスは一方的な情報配信サイトとしても十分作りこなせるんですが、なにぶん反応がないと非常に寂しい感じがします。とくに現在、私がちょっと頑張って記事を書いているこの「遊民ジャーナル」は、反応がないと結構寂しいサイトになってしまいます。

今までワードプレスの管理画面を私はダークサイドだと思っていましたが、実はライトサイドにもなるんだなという風に痛感しました。ダークサイドというとピンクフロイドやスターウォーズを思い出しますが、ダークサイドは同時にライトサイドにもなり得るということです。

管理画面はかなりメカニックな薄いブルー色が初期設定だったと思います。そんなこともあって、てっきり管理画面をダークサイドだと思っていましたが、いいねやコメントの返事などをいただくと、管理画面にドットマークがついて結構テンションが上がるんです。ワードプレスにSNSのような機能があることを痛感させてもらった記事でした。

それに、こんなお知らせをもらうと嬉しいじゃないですか!

つい私は文字数を多くしてしまうので、ワードプレスのコメント欄ですと、文字数の多少を気にせず使いやすいです。また、私にとってはワードプレスのコメント欄が気軽に絡んだり絡まれたりして、ツイッターよりも使い勝手が良いと分かってきました。私の場合はツイッターって記事のパブリサイズがほとんどですが、たまにリアルにつぶやこうとすると、結構な労力を使います。

それはそうと、私のこのブログはインストール型ですので、このブログをフォロワーしてくださっている方々をサイドバーに出すことは、たぶん無理なんですが、「いいね」を押してくださると、記事の下にGravatarプロフィールへのリンクが出てくるように設定し直しました。ワードプレスにデフォルトで付いている普通の機能ですが、昔は「このデザインどうなの?」と思って外していたのですが、交流型のサイトにできればいいなと思って表示する事にしました。

というわけで、改めて私しんしんと遊民ジャーナルをどうぞ宜しくお願い致します♪

コメント 質問や感想をお寄せください♪

  1. 詳しいご説明有難うございます。一回では全て理解出来ませんので何回も読み返して理解出来たらいいな~と考えています(^_^)

    • 小難しく書いてしまいました。まとめますと、WordPress のいいね機能とコメントのやり取りが楽しいと分かりました!

タイトルとURLをコピーしました