バイト探しのポータルサイト一覧(就職・転職情報併載)

雲南民族博物館と雲南民族村の思い出:中国旅行記

雲南民族博物館の前に立つ妻。2013年2月26日撮影。 海外旅行
スポンサーリンク

雲南民族博物館と雲南民族村の思い出:中国旅行記

2013年2月に結婚報告を兼ねて、妻の両親と会いに中国雲南省へ行ってきました。私は雲南省へ行くのが初めてでした。

その時に立ち寄った雲南民族博物館と雲南民族村の思い出を写真とともに振りかえります。

雲南民族博物館の思い出

雲南民族博物館の前に立つ妻。2013年2月26日撮影。

雲南民族博物館の前に立つ妻。2013年2月26日撮影。

中国のミュージアムらしい広い入口。

中国のミュージアムらしい広い入口。雲南民族博物館にて。

中国のミュージアムらしい広い入口。雲南民族博物館にて。2013年2月26日撮影。

巨大な雲南民族博物館は世界各地の寄付からも成り立っていることが分かります。この一覧をみて私は世界民族という言葉を思い出しました。次の写真はコントリビューター一覧を示す石碑です。

巨大な雲南民族博物館は世界各地の寄付からも成り立っていることが分かります。この一覧をみて私は世界民族という言葉を思い出しました。

巨大な雲南民族博物館は世界各地の寄付からも成り立っていることが分かります。2013年2月26日撮影。

出口には総集編のように各民族衣装を1枚ずつ展示したスペースがあります。

雲南民族博物館の出口には総集編のように各民族衣装を1枚ずつ展示したスペースがあります。

雲南民族博物館の出口には総集編のように各民族衣装を1枚ずつ展示したスペースがあります。2013年2月26日撮影。

近所には広大な雲南民族村があります。

雲南民族博物館に隣接する広大な雲南民族村。

雲南民族博物館に隣接する広大な雲南民族村。2013年2月26日撮影。

雲南民族博物館とは

雲南民族博物館は、昆明滇池の国家観光リゾート内の美しい景観にある少数民族に関する巨大な博物館です。雲南民族村に隣接しています。

雲南民族村と雲南民族博物館の地図

雲南民族村と雲南民族博物館の地図

面積は130,000平方メートル、建築面積は30,000平方メートル。建物の全体的なレイアウトは中庭ポーチのスタイルです。アジア最大の民族博物館で海外でも有名です。従業員は18の民族グループで構成され、そのうち22人が上級専門職を務めます。

「国立科普教育基地」「全国民族団結進歩教育基地」、雲南省「愛国主義教育基地」「雲南省文明単位」などを受賞。約40にわたる大学・中学校・小学校の「教育、研究、および実践拠点」でもあり、昆明戸籍の同胞が国民のお祭りを祝うための重要な場所ともなっています。

博物館には歴史的、科学的、芸術的価値の高いコレクションがあり、その中で、民族衣装と文化遺物は40,000セット以上を誇り、中国の文化遺物が結集しています。衣料品、職人技術、民族伝承、民俗芸術、「民俗芸術」「民族楽器」「伝統的生産と生活技術」「民族フォークマスク」「民族フォークワダン」「民族フォーク陶器」などは、常設展として一年中聴衆に開かれています。

入口近くから進むと民族衣装の前にフォークロア・マスクに驚かされます。

エスニックな民族マスクの数々。

エスニックな民族マスクの数々。2013年2月26日撮影。

民族衣装は当博物館の最大の展示数を誇るかと思いますが、所蔵品のごく一部が展示されているだけなんでしょうね。

衣装のラッシュに圧倒されます。

民族衣装のコーナー。

それでも衣装のラッシュに圧倒されます。次の写真の奥の方も見て下さい。

10年以上前に図書館が開設されました。国内外から数万人を受け入れ、同時に積極的に外国語交流の拡大と、積極的に外国の文化交流を拡大し、フランス、フィンランド、韓国、ベトナム、タイ、シンガポール、米国、日本、ロシア、香港およびその他の国や地域、北京、上海、南京、西安と関係を結んでいます。

次の本は雲南民族博物館の書籍コーナーで買った本の一部です。

雲南民族博物館の図書館で買った本の一部

これまで広州や武漢などで100を超える特別な展示会が開催され、国内外で大きな反響を呼びました。数十の国際学術会議の開催に成功しています。20以上の国際および国内プロジェクトを完了し、フォード財団、ロックフェラー基金と協力アジア開発銀行などの国際機関は良好な協力関係を持っています。

また、韓国国立民俗博物館、ベトナム民族学博物館、スミソニアン博物館協会およびその他の期間と長期的な協力を行ない、出品を実行するために学者たちが出張訪問しあってきました。

雲南民族博物館内の創造博物館では30以上のダイナミックなプレゼンテーション・ワークショップやアーティストのスタジオがあります。雲南民族博物館は高貴な文化ホールであり、エレガントな観光名所でもあります。交通が便利で、市内にはバスA1、A9、24、44、73番でアクセスできます。

雲南民族村について

雲南民族村の案内パンフレットとイベント入場券

雲南民族村の案内パンフレットとイベント入場券

雲南民族村ではカラフルな雲南を旅できます。緑の木々や紅花の下で、雲南省26種の民族グループの村が展開しています。この村々では26の民族グループの兄弟姉妹が毎日笑って歓迎してくれます。

所在地は中国昆明市雲南市滇池1310。

雲南民族村の入り口を入ったところ。広大に村が広がっています。

雲南民族村の入り口を入ったところ。

雲南民族村は昆明滇池の海岸に集まっています。ゲストを祝福する踊りや古代の歌を披露してくれます。美しい雲南民族の村々が広大な敷地に広がっています。

雲南民族村は、1992年2月に開業しました。建築芸術、歌と踊りの衣装、文化的習慣、宗教的信念など、雲南のさまざまな民族グループの習慣を生き生きとした形で展示してきました。

次の写真はこの村の一角です。

雲南民族村の一角。

次の写真はタイ族レストラン。タイ族名物の竹に包んだもち米です。

タイ族レストラン。タイ族名物の竹に包んだもち米です。

雲南民族村の一角。

雲南、バイ、イー、ナシ、ロー、ハニ、ブラング、ジヌオ、デアン、ジンポ、チワン、ラフなど、25の少数民族を含む雲南民族村。1992年の開業以来、この民族村は「文化を継承し、喜びを導く」という運営組織の核となる価値観、つまり「原住民、元の生態学、真の建築、真の民俗、すべての民族グループの文化遺産、特に無形文化遺産」の原則を遵守しています。

民族を問わず雲南省名物となっている砂鍋米線(ライス・ヌードル)と椰子の実のジュース。

民族を問わず雲南省名物となっている砂鍋米線(ライス・ヌードル)と椰子の実のジュース。

上の写真は民族を問わず雲南省名物となっている砂鍋米線(ライス・ヌードル)を食べているところです。

雲南民族村の一角。

白族の山羊のチーズ揚げです。ガッツリ食べました。

パイ族(白族)の山羊のチーズ揚げです。ガッツリ食べました。

パイ族(白族)の山羊のチーズ揚げです。ガッツリ食べました。

パイ族(白族)の山羊のチーズ揚げです。ガッツリ食べました。

パイ族(白族)の山羊のチーズ揚げです。ガッツリ食べました。

雲南民族村の一角。

雲南民族村の一角。

書道アイテムや伝統工芸品のお店もたくさんあります。

民族村では、様々な民族文化から10人を募集し、ガイドをしたり、文化財の保護・相続・展示をしたりしています。

各地の少数民族を着たアルバイトの女性たち。

トーチ祭、ソンクラーン祭、ムンナール・ソン祭など、ウッド・インスピレーション、江zh舞踊、イージーフォークソング、イーナショナルシーブリーディングなどがあります。

国家レベルの民俗無形文化遺産祭が開催され、火把節、溌水節、目瑙縦歌節(後述)などのフェスティバルは10種以上、木鼓舞、鍋庄舞傈傑族民歌彝族海菜腔その他のイベントは30種以上にわたります。

これらをつうじて国民の歌やダンスの無形文化遺産、それに家庭用ナイフ、世界的に有名なミャオ族刺繍など20種を超える手工芸品の国家無形文化遺産。そして、200以上におよぶ州・地方自治体の無形文化遺産などをいろいろ体験できます。

チンポー族(景颇族・ジンポー族)のダンス

チンポー族(景颇族・ジンポー族)のダンス

上下の写真はチンポー族(景颇族・ジンポー族)のダンス。このダンスは神浦の人々による大規模で壮大な伝統的な祭りで行なわれるもので、神浦の人々が悪を排除し善を促進し、祝福を祈り収穫を祝う伝統的な行事です。目瑙縦歌節とは、みんなが一緒に踊ることを意味します。

チンポー族(景颇族・ジンポー族)のダンス

チンポー族(景颇族・ジンポー族)のダンス

この踊りは次のニュースをはじめ、いろんなメディアが取りあげています。

一度、検索エンジンで調べてみて下さい。

景颇族のダンス
検索

次の写真はタイ族の村辺り。象が我が道を歩いています(笑)。

雲南民族村には、他にも30を超える重要な文化遺産、家庭用ナイフや世界的に有名なミャオ族の刺繍など20を超える無形文化遺産。そして、先述したように、200以上の州および地方自治体の無形文化遺産…。この村に集まった遺産は計り知れないほど貴重なもので、圧倒的な物量を誇っています。

雲南民族村は1,270ムーの面積をカバーしています。国内外の有名な文化テーマパークであり、国家観光局が指定したゴールデンウィークの観光受付情報公開ユニットでもあり、また、全国4Aレベルの観光名所で最初にバッジを取得した観光地でもあります。

まとめ

今回ご紹介した旅行記は、2013年2月のものです。私は妻の両親に会うために雲南省昆明市に行きました。

この旅行では昆明市近郊の石林という観光地にも行きました。その時の旅行記は妻が書いていますので、あわせてお読みくだされば幸いです。妻自身が選ぶ妻グラフィーです。

トピック

遊民大学では海外旅行や海外留学を推進しています。こちらの記事もご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました