ウェブで文章を書こう!
中国と私

HSK3級合格で中国ラブが形に

この記事は約5分で読めます。

本日、HSKの公式サイトで、1ヶ月前の試験の合否発表がありました。無事に3級に合格していました。中国ラブが形になって一安心です。

試験日の1ヶ月後から公式サイトで成績照会ができます。私がHSK3級を受験したのは2020年9月6日でした。

HSK公式サイトでは、中国国慶節のため事務局業務を10月6日まで休むと書かれていました。成績照会も明日か明後日になるかなと思っていましたが、待ちきれずに覗いてみました。こういう痒いところに手が届くのが中国らしい良さだなと痛感。

HSK3級の水準

HSK3級の水準は大学2年生前期を終了した時点です。

大学の第二外国語における第二年度前期履修程度の学習が目安

各級の紹介 筆記3級 | HSK 日本で一番受けられている中国語検定
中国語検定「HSK」公式サイト。インターネットからの試験申込を受付。HSKは中国政府公認で世界基準の中国語資格だから就職や昇進に有利な資格として受験者急増中です。

受験自体は、20年ほど前に大学院の試験を受けて以来のことで、はらはらドキドキしていました。私の癖かもしれませんが、どうも試験中に「自分のミスや事故で0点かも」と思いがち。今回はマークシートなのでとくに気になりました。

昔から、中国語教室に3ヶ月通ったり、本やCDで独学したりで、断続的に中国語を勉強していたので、1級は通るかなと思っていました。しかし、2級から4級までの水準がわからず、少しでも上の級を、でも落ちたくないという消去法で3級を選びました。

HSK3級の試験対策

受験しようと思ったのは7月下旬。試験日は9月6日なので、とにかく時間がありません。

合格ラインを超えれば良いという消極的な狙いで、意識したのは次の2点です。

  1. CCTV大富つけっぱなし
  2. 2つのアプリで特訓

CCTVつけっぱなし

今夏から中国語を少しずつ勉強し始めました。日常会話から、ドラマやルポルタージュまで、どの辺りを狙って勉強したらよいのか、なかなか焦点を定めておりません。そこで、コロナ禍を上手く利用して、CCTV大富という中国テレビチャンネルをつけっぱなしにしました。

ポールヴァレリーが言ったらしい母国語忘れろ作戦どおり、中国語が部屋に流れ続ける状況にしました。日本語以外の言葉が流れる状況であればOKです。

CCTV大富のドキュメンタリーやドラマは、リスニングだけでは内容を理解できないので、中国語字幕を見ながら後述のシャドーイング。余裕があれば日本語字幕を見ながらリスニング。

幸いに妻や両親と電話する以外は日本語を話さない状況が続いているので、状況設定には恵まれました。

よく見たドラマは「大浦東」と「奔騰歳月」の2つです。どちらも仕事の成功物語で、家族や地域も取りあげられ、恋やグルメもカバーしています。

時代設定は1990年代から2010年代初頭です。そのため比較的に会話が聞き取りやすく理解しやすいです。硬めの会話になりがちな時代劇でももく、また、あまりにも軽い会話すぎるトレンディドラマでもないので、HSKの勉強にぴったりと思います。

また、中国は既にコロナ対策に成功して、国内旅行は活発になっていますから、いずれ旅行することを念頭に、古い街並みや再生した街並みを取り上げたミニ旅行ルポ「记住乡愁」(故郷を大切に)シリーズを楽しんでいます。

番組を見ながらシャドーイング

試験前の8月中旬は聞き取り(听力)と作文(写作)の力が乏しく、読解だけ(阅读)が合格圏に入れるレベルでした。そこで最後の2週間はCCTV大富のドラマやニュースをシャドーイングしたり、2つの中国語学習アプリで発話を訓練したり。

とくにリスニングとトーキングに力を入れました。作文は副詞と動詞を少し意識して、例文のパターンを詰め込みました。けっこう俄仕込みでしたが、トーキングを意識すると、聞き取りと作文は釣られて鍛えられます。

2つのアプリで特訓

中国語学習アプリのHSK Onlineを使って、ひたすら試験形式に慣れました。もう1つ使ったアプリSuperChineseは、直前2週間で詰め込んだ感じです。

HSK3級に使ったアプリ

HSK3級の受験勉強に使ったアプリは「SuperChinese」と「HSK Online」の2つです。

SuperChineseは単語や短文の訓練に向いています。マイクをオンにして果敢にチャレンジしました。せっかくなので発話してAIチェックを受けるのを勧めます。

HSK Onlineは問題形式が本番と同じなので、毎日が模擬テストのような具合です。発話をしませんからマイクはオフでもOK。

どちらのアプリも、勉強時間の記録や勉強予定のガイドがついているのでペースメーカーになります。また、間違った問題は記録されるので、たまに弱点克服をまとめてやることもできます。

以下の公式サイトからアプリをダウンロードして使ってください。

Learn Chinese Faster Using AI - Super Chinese
Learn Chinese the smart and natural way. Our AI technology supports speech recognition, character writing, personalized daily reviews, animated videos and many ...
HSK Online - A must for Chinese Proficiency Tests
HSK Online is an intelligent platform of online learning for people who are preparing for the Chinese Proficiency Test. It can help students successfully pass H...

HSK3級の成績内容

成績は次のとおり。俄仕込みの訓練がバレバレのてすが、3つの部門ともほぼ8割です。

  • 听力(聞き取り)…80点
  • 阅读(読み取り)…78点
  • 写作(作文)…83点
  • 総得点…241点
  • 判定…合格

中国と私

とにかく、中国ラブが形になって一安心。中国と私が形になりました。

映画や歴史や渡航歴をどんだけ語っても中国への思いだけ。妻と分離状態にあるうえ中国に行きにくい状況のなか、いろんな形で中国を身近にしたいと思い、受験しました。

妻に報告すると「次は5級やな」と強気。妻が大阪に戻ると特訓してくれるそうです。ちょっと5級は怖いですが、チャレンジします。

妻が微信に告知してくれたお祝いの言葉を引用します。「这半年来在没有我辅导的情况下,他居然中文考试还通过了3级!恭喜恭喜!再接再厉!」。

しばらくしたら勉強を再開します。

2020年10月28日追記

妻からタオパオでお土産を買ってあげたとWeChatに連絡がありました。何かと思って画像を見たら「HSK Standard Course 6」…。3級の次は6級という発想に付いていけませんが、妻が大阪へ戻ってくれば特訓が始まるような気がします…。

HSK Standard Course 6

コメント 質問や感想をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました