遊民ジャーナルの紹介と目的
料理・カフェ巡り

鶏胸肉のピリ辛炒め下準備

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

鶏胸肉のピリ辛炒めの下準備

鶏胸肉のピリ辛炒めの下準備

鶏胸肉のピリ辛炒めの下準備をしました。鶏胸肉を調理するのは今年の課題でした。妻が昆明にいる間、私は自炊をしていて、何度か仕込みや炒め物にチャレンジしてきました。

今日は年末ということもあって、集大成のような気持ちで鶏胸肉攻略に取りかかりました。鶏胸肉は何といっても、鶏腿肉よりも半分ほどの値段で買えてボリューミーな点がメリットです。しかし、味付けと柔らかさが難しい。

今日はとくに、皮を剥いだ皮のツルツルな側面を一切切らず、逆側の線維が縦横無尽に入り組んでいる側面を手で割いて、ツルツル側の方を袋として扱い、切り込みを入れません。

その前に、すぐ固くなる胸肉を柔らかいまま仕込みたいため、今回は初めて鶏胸肉を揉み解しました。もみほぐしで鶏胸肉が柔らかいままであればいいなと願っています。

数時間寝かしてどうなることやら。

40分ほどの仕込みを終えると小腹が空いたので、コーヒーとパンをおやつにしようとしたら、昨晩買っていた小倉あんとマーガリンのパンが台所にありません…。妻に恐る恐る尋ねるとやっぱり、「食べてほしそうにテーブルに載っていたので朝食べた」とのこと(笑)

鶏胸肉のピリ辛炒めレシピ

今回のレシピは次のとおりです。

  • 鶏胸肉
  • 獅子唐…上に乗せて肉と酒を媒介させる
  • 黒胡椒…振りかける
  • 塩胡椒…振りかける
  • 赤唐辛子…ハサミで切って繊維間に刷り込む
  • 大蒜…すって繊維間に刷り込む
  • 料理酒
  • 紹興酒

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました