ウェブで文章を書こう!
カフェ日記

3月初旬の近況:3軒の北浜カフェ巡りなど

この記事は約5分で読めます。

3月初旬の近況:3軒の北浜カフェ巡りなど

コロナの影響で自分の小ささと日本の小ささを痛感する今日この頃。3月初旬頃の日記をまとめます。

3月9日:3軒の北浜カフェ巡り

初めてのスマホ(今のスマホ)を買って3年半。熱を持つと勝手に電源を切りはじめるうえ、熱を持ちやすくなっているので、そろそろお釈迦かと。撮影中に電源を切りはじめました。65%も残っているのに…(笑)。

今日は同志社の2017年度の履修生と北浜へ。イタリア料理食べてからカフェ2軒をハシゴ。3軒の北浜カフェ巡りとなりました。

この写真はイタリア料理店「ジョカーレ」(GIOCARE)にて。

これはカフェ「ブルックリン」にて、酸味と苦みの強烈なレッドアイ(Red Eye)。名前が凄い、赤い目ですよ。

さらに、月1くらいの常連カフェ「マウント北浜」(Mount Kitahama)。

ブルックリンと「Mount Kitahama」は隣同志のカフェなので、両店のテラスから大阪中央公会堂も似た角度で写せるわけです。似た角度ということは厳密には違った角度で、ともいえます。

4枚いずれも妻のお下がりの一眼カメラで。

今日一緒に行った学生は今月に卒業。お父さんの影響から中国にはまりまくったという学生。5歳くらいのときから景徳鎮や上海へ連れて行ってもらっていたそうです。その彼から、先月に行ったヨーロッパ周遊や北京無理なので代わりにウラジオストックに行った話と写真を色々披露してもらいました。

自分で海外行く財布がないので、同志社の学生から「岩本が行ったかのように詳しく」話してもらうのが習慣になってきました(笑)。

たまに授業中に突っ込む台詞はこれ↓

「お前ら、学生証忘れてもパスポートは絶対にカバンに入れてるやろ!」

「あなたがたはバイトの日程を忘れても海外旅行の日程は分刻みで記憶していますよね!」

とか。

当たっているからか、なかなかウケます。

そしてインスタグラムの450分の300くらい占めるであろう同志社生たちは、この春休みも多数が果敢に海外へ。

3月10日

確定申告→2018年の妻被扶養者確定→奨学金返還猶予再申請

というコンボでもたついています。

奨学金の督促はむちゃストレス。

連日雨でサボっていますが、晴れるらしい明日に区役所へ行って、できれば税務署にも行って、上述のコンボを解消したら、大学専任の公募書類の作成に取りかかります。すでに専門領域から2つの公募が出てます。

2020年度は仕事が激減すると落ち込んでいましたが、落ち込むと2冊目の著書の存在すら忘れるのがダメです。主張できることまで忘れるのは昔からの悪い癖。

全肯定か全否定に偏るんだなぁ。

写真1枚目は当日午前の喫茶なぎ。自宅近所。生命保険の方が「契約の確認」とのことで近所まで来られたので。食べ物はフレンチトースト、飲物はなぎブレンドのコーヒー。

当日午前の喫茶なぎ。食べ物はフレンチトースト、飲物はなぎブレンドのコーヒー。

当日午前の喫茶なぎ。食べ物はフレンチトースト、飲物はなぎブレンドのコーヒー。

本当に確認だけで来るのかと真に受けていたら、ちゃっかり営業されましたが、「仕事激減で、契約拡大は無理」と伝えたところ、「残った仕事が一番好きな同志社なのは不幸中の幸い」という風に言われて少し和みました。

著書2冊あるよと、思い出したようにいうと、えらい驚かれていたので、それなりの努力はしたのかなと、数か月前の刊行を思い出しました。すぐに忘れるのがイカン。

次の写真は、療養と観光を兼ねて帰省していた妻からの、久しぶりの遠出(といっても同じ昆明市内)を写したものです。

鴎で有名な池「滇池」で妻は両手を広げてポーズしています。

療養と観光を兼ねて帰省していた妻からの、久しぶりの遠出(といっても同じ昆明市内)を写したものです。滇池という鴎で有名な池。

滇池という鴎で有名な池。

発熱検査が厳しいですが、クリアすると観光地の池や公園で遊べるくらいは、少しだけ余裕が出てきた中国です。地域差あるかもしれませんが。

3月12日

昨日は頭痛のため区役所だけ。一昨年の入居時に転入届けをしたのですが、国民健康保険の郵送を希望しなかったらしいので印刷してもらいました。

今朝から確定申告。管轄の旭税務署まで。提出だけで良くて審査は後日。

印鑑不要と思っていたので持たずに行ったら、必要とのこと。いったん税務署を出て買いに行ったら、たまたま印鑑屋さんが近所にありました。このハンコ屋さんは「はんこ屋はっぴぃいん」、楽しくなる店名。

戻って提出。

妻を被扶養者に登録した(毎年登録する必要ありが面倒)ので、奨学金の返還猶予も、これで認められるはず。今年は長引いて、半年ほど書類のやり取り。数年は寿命縮まりました。まだ終わってないけど。

11時なんかに帰宅できたので、気分よくベランダから晴天を写すにも、1枚写しただけで、電源70%のままシャットダウン。所有者よりもポンコツかも知れない所有物。

保存もされていないので、かわりに、妻から昨晩送られてきた滇池付近にある湿池公園の写真。

滇池付近にある湿池公園「呈貢・滇池生態湿地公園」

滇池付近にある湿池公園の写真。正確な公園名は呈貢・滇池生態湿地公園。

正確な公園名は呈貢・滇池生態湿地公園のようです(昆明 呈貢·滇池生態湿地公園)。妻の元気とコロナの拡大停止(とても終息とは言えませんが)とがパラレルで、やや安心。

コメント

タイトルとURLをコピーしました