大学時代にやってほしいこと

経済史・経済学と数学を楽しめるANNO1800の魅力

ゲーム学科
この記事は約4分で読めます。

先日、学生とシミュレーションゲームの話をして、彼は信長の野望、私はANNO1800を語り合いました。以下ではそのときの会話の様子を私が語ったANNO1800についてロマンに絞って掲載しています。

学生に語るANNO1800の魅力

パソコンにダウンロード、3,000円の、Anno1800というシミュレーションをオススメするよ。(キャンペーン期間中の価格、本来は通常版で7,200円+税、デラックス版で8,400円+税)

何のゲームですか?

街づくりをするシミュレーション。ただ、むちゃくちゃ重たい(笑) やっぱりおすすめしない、かなり目が悪くなったし、のめり込んで気分の悪い日もあるし✨

宣伝下手過ぎませんか?笑

(笑)書いてから、改めて、マイナス要因が多いなと。ただ、良くできてるんよ。農業段階から工業化を経て投資社会へという流れを想定していて、細部のアイテムや階級構成とか、経済史的に良くできてる。

なるほど、結構長い視点でできるんですね。どういったロマンがあるんですか?

ロマンは街の風景と登場人物たちのセリフ。ずーっと人力で、後半で電化するんやけど、その時が感動と疲労の極限で、何度か繰り返してやってるので、この一ヶ月、疲れはててる。

キャラクターもいるんですか?文明を発展させていくゲームなんですね?

一人でもできる、コンピュータ・キャラは必ず登場。レベルによっては戦争しかけてくるハイレベルから、ほぼ一人で進めるまったりレベルまでいろいろ。

中々面白そうですねぇ。興味湧いてきました。

農民、労働者、職人、技師、投資家。島のなかにこんだけの社会人を住まわせて、各階級で作れるものを作って与えて、調子こいたら土地なくなって、近所の島に新たに街作って、すべての島で作れるものは少し違うから、また悩んで。労働力分配、土地分配とか、脳ミソだうん。やけど、ムキになる。ただし、目や頭に注意。ほんまに少しは気分悪くなったので。

色々調整して目標に向かわせるというイメージで良いでしょうか?

そうです。目標は街をでかくしたり街並み弄ったり、あと、投資家育つようになってら、コンピューターキャラや自分の会社や工場に投資したり(まだ投資したことないけど)。

文明の発展のし方はバリュエーションないんですか?社会主義や資本主義みたいな。あと、このゲームほんの少しだけ知ってました笑。YouTubeで調べたら、寝落ちして充電切れて寝坊した再生リスト出てきました笑

ええとこ突くなぁ。発展バリエーションはない。ただ、投資家まで育てなければ、資本主義拒否とかはできるけど、ゲームとしてはゴールを放棄するのと同じになる。途中で、クエストなどをたくさんやるけど、その一つ一つに階級闘争の魂みたいなものを感じるよ。労働者が突然出てきて、「昔はみんな農民だったんだ。魚の油も土も、金になってら違いはねえ」とか、痺れる。

雰囲気的には産業革命ら辺ですね。プレイヤー視点としては王様とかになるんですか?それとも神ですか?

あ、基本が産業革命。その前後の非電化から電化への流れ。プレイヤー視点は、女王陛下に期待された君主ってとこ。王様の下くらい。ストーリーとしては民衆のはざやけど、島を弄れるから君主ぽい。

ロマンな時代ですねぇ。

操作とかやこしいし、マニュアルないし、始めたらご一報を。少しはナビします。

かしこまりました笑 少し見てみます。

パソコン耐えれるか知らんけど。プレステもあった気がします。Ubisoftという会社が開発。そこのサイトにダウンロード場所あるはずです。

ご丁寧にありがとうございます。

すべての歴史は階級闘争の歴史

このゲームには産業革命に付随する大きなストーリーや小ネタがいくつもあります。ゲームをしていて思うのは旧世界を中心に新世界の人たちを統括していく罪悪感。

たとえば、次のようなクエストがあります。

ANNO1800ボランティア・クエストの一つで、クエストタイトルは「資本主義の豚」。

これはボランティア・クエストの一つで、クエストタイトルは「資本主義の豚」でクエスト内容は指定された施設や人物を撮影すること、依頼主は労働者です。

あの豚野郎たち(投資家たち)が俺らを高級クラブに入れないって信じられるか!? あいつらには目にもの見せてやる。カメラをしっかり準備しといてくれよ!

これに関わり、ゲームをやるたびに思い出すのがカール・マルクスの言葉、「すべての歴史は階級闘争の歴史」という捉え方です。

ANNO1800には宗主国と植民地との関係をはじめ、宗主国内での階級闘争も植民地内での階級闘争も言及されているので、重層的な関係を味わえます。ゲームをしてゲーム内容に罪悪感を感じるのは避けたいところ。罪悪感を辛うじて慰めてくれるのが労働者や農民たちの素朴な考えや行動だったりするわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました