ウェブで文章を書こう!

昆明

昆明に関する記事をまとめています。

昆明は雲南省の省都です。私は妻と結婚するまで昆明についてほとんど知りませんでした。妻から色々と教えてもらうにつれ、昆明には自然や文化や歴史が凝縮されている印象をもちました。

雲南省全体にもいえることですが、とりわけ昆明はバランスがとても良い街です。2020年7月に中国経済生活大調査の結果が発表され「暮らしやすい中国の都市トップテン」が発表されました。妻の故郷である昆明市は、上海、長沙、長春、北京、青島に続いて堂々の6位にランクインしました。

現在の昆明市は、過去の東京23区にも増して都市化が進んでいます。他方でオールドタウン、つまり古い街並みもいくつか残されています。

2013年2月に妻の両親に挨拶に行った時、私と妻は昆明市内をぶらぶら回りました。結婚して4ヶ月が過ぎたころで、初の昆明です。昆明市とは日本の神奈川県藤沢市が姉妹友好都市を結んでいます。ゆかりは、中華人民共和国の国家「義勇軍進行曲」を作曲した聶耳氏が藤沢市で亡くなったことです。享年23歳…。この音楽家の像(石像か?)が昆明市翠湖に建っています。

昆明出身の作曲家ニエアル氏の記念碑(人民音楽家聶耳@雲南省昆明市翠湖)

2013年2月に初めて昆明へ行ったとき、翠湖、文化巷、動物園、花市場と歩行者天国、雲南民族村・雲南民族博物館。石林などを訪ねました。

さて、2017年に再び昆明へ行ったとき、私たちは再び翠湖と近くの文化巷に行きました。なぜかこの2箇所(翠湖と文化巷)が私達には落ち着いてしっくりきます。私と妻は昆明に行くたびに文化巷と翠湖に立ち寄ります。

親戚たちが多いなかで二人でゆっくり過ごした場所がこの2か所だからかもしれません。親戚たちは陽気で楽しいですが、なんせか人数が多すぎて、対応力の貧しい私はヘトヘト。また、妻は文化巷にある小学校と中学校に通っていたので、妻のテンションが上がるからかもしれません。

雲南

雲南民族博物館と雲南民族村の思い出

2013年2月に結婚報告を兼ねて、妻の両親と会いに中国雲南省へ行ってきました。私は雲南省へ行くのが今回で初めて。その時に立ち寄った雲南民族博物館と雲南民族村の思い出を写真とともに振りかえります。
雲南

昆明市内散策:文化巷から翠湖へ

私は文化巷が好き。人間の交通渋滞と移動手段の交通渋滞がエキゾチックな雰囲気やメトロポリタンな雰囲気を作り出しているからです。欧米系の人たちの賑わうサルバドールカフェへ。私たちにとって文化巷はここから始まります。みなさんと擬似散歩しましょう。
雲南

昆明旅行に持って行きたい一冊「春城飛花」

昆明に触れるために持っておきたい本「春城飛花」を詳しく紹介。本書は雲南省昆明市の歴史文化に詳しい郷土史家が書いたコンパクトな本です。テーマは地理や歴史文化にまたがり、観光スポットも抑えた分かりやすい説明が特徴です。
雲南

緑の深い広々した昆明翠湖

翠湖の思い出と観光ポイントをまとめています。翠湖は英語でいうGreen Lake。つまり緑色の湖です。湖は青色と思いがちですが、翠湖は植物が豊富なため、いろんな緑色を見せてくれます。周辺には歴史建造物や文化街があり、レストランも散在しています。
中国と私

3人の偉大な中国人女性(浙江・黒龍江・雲南)

私の中国経験をふりかえるうえで避けることのできない女性が3人います。浙江女性、黒龍江女性、雲南女性の3人です。彼女たちへの謝意を表して印象的な思い出をまとめています。
2020.11.09
雲南

昆明飛虎隊記念館訪問とアメリカ人との不思議な出会い

昆明飛虎隊記念館を訪問した記録です。ウォルト・ディズニー社の描いたイラストと戦争について考えています。記念館を出た後に行ったカフェでアメリカ人と不思議な出会いをしました。3人で話した会話を再現してみます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました