遊民ジャーナルの紹介と目的

故郷を忘れずに

「故郷を忘れずに」(记住乡愁)の視聴感想をまとめています。「故郷を忘れずに」は古い街の人と生活をテーマにしたルポルタージュです。

人気番組なので2015年のスターと以来、毎年1シーズンずつ増えています。各街の歴史や人物史、伝統文化、人々の生活などに焦点を当てて街の活気を伝えています。

CCTV本家サイトには第1シーズンからの「记住乡愁」が収録されているので、お好きなシリーズや地域を探してみてください。「故郷を忘れずに」第6シーズンのリンクを下に張っておきます。

「故郷を忘れずに」とは

「故郷を忘れずに」は中国中央電視台が2015年から放映したドキュメンタリーです。撮影は2014年6月に始まりました。それまで「走遍中国」「遠方的家」「流行無限」の3番組を手がけてきた制作チームが共同で作成しています。2020年10月現在、中国では第6シーズン、日本では第5シーズンに入っています。

このドキュメンタリーは、中国各地の伝統文化をコンパクトにまとめています。現地の方たちへのインタビューを軸に、グルメ、イベント、農業、遺跡・博物館などを具体的に紹介し、各地の表情を浮かび上がらせていきます。取材力と構成力に長けていて、政府の「国家歴史文化遺産プロジェクト」と「歴史文化ドキュメンタリープロジェクトの主要プロジェクト」に指定されています。

CCTV

「中国地名大会」第4回とCCTV「故郷を忘れずに」~北京大栅栏街区

クイズ番組「中国地名大会」の第4回を録画で見ました。もはや1問か2問くらいしか解けません…。今回は北京の大栅栏街区が出題されて、清朝時代にこの地域に柵を張り巡らせた理由を問われました。想像力が刺激されますが難しい問題です。
遊民日記

2020年コロナ禍の生活を振り返ります

今年は遊民ジャーナルにお立ち寄りくださり、どうも有り難うございました。Covid-19が世界中に蔓延して、コロナ禍の生活が続いています。しかし、私の1年間を振り返ると、昨年と変わっていない点もあります。この1年間をブログ記事とともに振り返ります。
2021.01.25
CCTV

CCTV大富「中国地名大会」確信の2問

CCTV大富で放映された「中国地名大会」を見ました。この番組は中国各地から地名マニアが参加して競い合うもので、日本の15倍ほどの広さをもつ中国全土を対象にしている点で既に畏怖しますが、妻と一緒に果敢にチャレンジしました。
CCTV

故郷を忘れずに

「故郷を忘れずに」は中国中央電視台が2015年から放映したドキュメンタリーです。私はこの番組を「CCTV大富」にて2020年6月頃から毎日見るようになりました。このページでは番組をシーズンごとに紹介して、公式リンクをお伝えしています。
2020.12.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました