遊民ジャーナルの紹介と目的
ゲーム

ANNO1800の到達点と写真クエストから振り返る風景

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

今年(2020年)1月にシムシティ・ビルドインに飽きて、街づくりのシミュレーション・ゲームを探していたところ、4月にANNO1800を知りました。このゲームは2019年4月に発売され、既に1年が過ぎていました。産業革命をテーマにした街づくりゲームで、歴史好きの私にはとても面白く、2ヶ月ほどドップリとはまりました。

そして最近、12月下旬に10日間ほど久しぶりのチャレンジ。なんとか旧世界5島と新世界2島で電化と世界博覧会開催にまで漕ぎ着けました。半年以上も遊ばなかったので、かえって都市発展のコツだけで駆け抜けられました。来年は今年よりも遊ぶ時間が減りそうなので、慌ててやったという具合です。

来年はどれほど楽しめるか分かりませんし、ANNO1800の到着点が見えたので、一旦まとめとしてこの記事を書いています。このゲームの到着点をまとめた後、写真クエストで撮影したスクリーンショットを披露して締めたいと思います。

ANNO1800の到着点

到着点

ANNO1800の到着点は、基本的に世界博覧会の開催です。

それまでの流れは、農民→労働者→職人→技師→投資家という順序で住民を拡大させていきます。ゲーム上は住民を成長させるというべきかも知れません。この順序は階級闘争の歴史や経済史の流れから観た発展段階と同じです。

投資家の住む都市へと発展した自分の街で世界博覧会を開催します。これがANNO1800の目標ですが、技師や投資家の好む消費財を提供させながら博覧会を実施するのは、なかなか最初は難しく、かなり疲弊します。

高度化する消費財

都市の発展とともに、必要となる消費財が高度化するわけです。その過程で、経済学計算が楽しい半面でサーバー負荷の大きい新世界、つまり植民地が登場します。それまで建設に夢中だった都市が旧世界だというように相対化され、新世界との貿易・交易活動が重要になります。

そこで、世界博覧会をめざしながら、高度化する消費財にも対応していくためには、技師や投資家の必要な消費財を調達して提供しなければなりません。

博覧会実施に付随する到着点

貿易・交易で調達する手段が一つですが、この方法は調達量と調達時間が不安定なため、オプション的に使いたいところ。そして、より大切なのは自分の所有する島で製造する手段です。複数の島で生産や製造を分業するのは、よく勧められる戦略です。このような積極的交易を見越した上でANNO1800の到着点を書き加えると、次のようになります。技師や投資家たちの要求する消費財を睨んだ到着点とお考えください。

  1. 天然資源では亜鉛と金が重要。
  2. 生産チェーンの村落形成は放棄。

亜鉛の重要性

亜鉛は山にある亜鉛鉱床を開いて操業させ、生産します。亜鉛鉱床は旧世界にだけ建てることができます。亜鉛は各島に0点から2点ほどしか存在しません。ゲーム開始当初は銅や硝石などと同じようなマイナー資源だと思いがちですが、技師や投資家たちの段階にきた都市は亜鉛を大量に必要とします。

亜鉛を必要とする上位の生産チェーンは真鍮です。真鍮製造には亜鉛とともに銅も必要ですが、銅は各島で0個から3個ほどで、亜鉛に比べて不足しにくいのです。製造された真鍮は、

  • 眼鏡
  • 蓄音機
  • 蒸気モーター→蒸気自動車

の3種の生産チェーンで使われていきます。眼鏡は技師にとっても投資家にとっても人口を作用する要因ですし、島の収入源にもなっているので、都市人口を維持するか増加させるかするために大切。蒸気自動車も然り。蓄音機は投資家の幸福度を増加させ、多くの代金を払ってくれるので、島の収入源としても重要。

亜鉛の重要性は、蒸気モーターを使う別の生産チェーン(蒸気船など)にも組み込まれている点からはっきりしています。要するに、亜鉛なくしては、技師階級以上の人口増加や幸福度アップを見込めないのです。しかし、せいぜい採れて1島あたり1つ…。そのためだけに新しい島を買収しますか?

金の重要性

亜鉛と同じように金も、いろんな生産チェーンに組み込まれ、引っ張りダコの大人気です。金は、金鉱床を内蔵する旧世界の島で調達します。金は次の生産チェーンに組み込まれています。

  • 時計
  • 宝石指輪

たった2種類の生産に使われるだけですが、これらは投資家層の消費財になり、島の収入と幸福度に大きな数値を示すため、どちらかだけでも充実させたいところです。

金は旧世界から輸入する必要があります。旧世界との貿易・交易には多くの時間がかかりますから、輸送する船の監視に敏感になってしまいます。ゲームの進行とともに、いずれは金専用の船を設定したいところです。

生産チェーンから同種工場集中化へ

一つの島であれこれと調達・生産していると、農場や製造所が住居を逼迫してきます。そこで複数の島を運営する必要があります。

そして、最も発展した島の下請け的な数個の島を運営することになり、各島は労働者島や職人島のように専門化・特化することになりがちです。各島の特徴は、結局に天然資源や生産可能農産物の違いに集約され、やや飽き気味になります。

世界博覧会を実施した以上、もはや数値の喜びしかないように感じはじめました。これが2020年12月にANNO1800に抱いた感想です。残る作業は街の景観を良くしていく事くらいしか思い浮かびません…。読者の皆さん、何か他の楽しみ方を教えてください!

写真クエストから振り返る風景

2020年を終えるにあたり、写真クエストからANNO1800を振り返ります。

旧世界の風景

まずは旧世界の風景から。

粘土穴とレンガ工場です。

ANNO1800の粘土穴とレンガ工場。

麦芽製造所とビール醸造所。

ANNO1800の麦芽製造所とビール醸造所。

学校です。労働者と職人には必須の施設です。

ANNO1800の学校。

ANNO1800写真クエスト「成功の絵」より。

投資家の支配的な街といえども、工場と公害は必須。綺麗な街とは決していえません。

ANNO1800でも工業化と公害のセットは避けられなかった。

次の画像はプリンセス・チンからの依頼。戦列艦を写すクエスト「旧世界のかけら:第1章:心をうつ切り抜き」です。

プリンセス・チンからの依頼。戦列艦を写すクエスト「旧世界のかけら:第1章:心をうつ切り抜き」です。

中国好きの私にとってプリンセス・チンの存在はゲームのモチベーションを高めてくれました。このクエスト「【旧世界のかけら】第1章:心をうつ切り抜き」のエピソードは次のとおりです。

エピソード

自分の父親が責務を忘れ世界中を旅したがっていると知っているプリンセス・チン。残念ながら、皇帝という立場でそんなことはできない。そこでプリンセスは、旧世界の逸品を父に贈ろうと考えた。まずは伝統的な船だ。立派な船の写真を撮ろう。

ANOO1800より

クエスト主の一言

旧世界を訪れるのが父上の夢なんだけど、父上には果たすべき義務があるわ。そんなに長く玉座を空けるわけにはいかないの。だから、この世界の物を何か送ろうと思って。船がいいわよね。旧世界の文化を最も象徴する物なのは間違いないわ。他に何か提案はある?

ANNO1800より

このクエストは「【旧世界のかけら】第2章:パズルのピース」に引き継がれます。クエスト内容はプリンセス・チンの華美なクリッパー船へ48トンの木板と41トンの帆布を届けることです。エピソードとクエスト主の一言は次のとおりです。

エピソード

戦列艦を作るというあなたの提案を気に入ったプリンセスは、すぐに準備を始めた。材料を集めるためにあなたの力が必要だ。

ANNO1800より

クエスト主の一言

並みをかき分ける勇壮な姿…父上にぴったりよ!造船所にはすぐに建造を始めるよう命じたけれど、もちろんあなたも手伝ってくれるわよね?必要な資材を続けてほしいの。

ANNO1800より

プリンセス・チンの船ばかり褒めずに、私の戦列艦もご紹介します。

港を出る戦列艦。

新世界(植民地)の風景

次いで新世界(植民地)の風景です。

ANNO1800の新世界(植民地)の風景。パレード中です。

パレード中です。次の画像では鳥が飛んでいます。

ANNO1800の新世界(植民地)の風景。鳥が飛んでいます。

ANNO1800の風景。新世界(植民地)の街の重要施設が集まっています。

上は新世界(植民地)の街の重要施設が集まっている所。礼拝堂、パンチクラブ(ファイトクラブ)、町役場、消防署などがあります。

植民地の港。貯蔵庫をふんだんに設置しました。

ANNO1800の新世界(植民地)の港の風景。

ANNO1800の新世界(植民地)では、イザベル・サーメントが革命家兼商人として活躍しています。彼女からのクエストはとてもたくさんあります。次の港撮影のように、写真クエストを完了すると新聞に載ることもしばしば。

ANNO1800の新世界(植民地)では、イザベル・サーメントが革命家兼商人として活躍。

ANNO CHRONICLESによると

イザベル・サーメントが、自らの革新的な考えを広めるべく新聞紙面に登場。少し急進的な傾向のアル人材も募集中。

ANNO CHRONICLESより

別の角度から写したイザベル・サーメントの港は次です。

イザベル・サーメントの港。

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました