大学時代にやってほしいこと

2019年の同志社大学仕事納めに思ったこと

授業日誌
この記事は約3分で読めます。

12月19日の木曜日で今年の同志社大学の授業はおしまい。来月は3回を残して2019年度もおしまい。そこで、この1年ほどをふりかえり、同志社大学のポータルサイト「Duet」で書いたメッセージをこちらでも共有します。

この写真を撮るために今日は頑張って出町柳から。2019年12月19日撮影。

同志社大学仕事納めに思ったこと(授業の反省など)

本年度の授業も残り少なくなってきました。今年度は著書を刊行したことが影響して、(著書で史実や論点が整理できたので)授業内容は減少気味になりました。例年以上に支離滅裂な内容になった点に恐縮しております。

しかし、今年度履修されたあなた方からは、例年にもまして様々な嬉しい反応をいただきました。やはり今年度も一言でいうと「楽しかった」に尽きます。

他にも色々と同志社ラブを話したいと思いますがキリがありませんので、クラスごとに最終授業日あたりに時間があれば、語りたいと思います(時間次第)。

同志社礼拝堂(チャペル)

同志社礼拝堂(チャペル)

昨日の出来事

昨日(12月19日)のクラス1では、いつものように他学1・2時限の疲労をため込んだままの授業となり、最後の10分を残して終えました。

他学では20分ほど早く終わることにすら躊躇しないのですが、同志社で10分早く終えることに躊躇していた私に「早期終了希望」を勇気を持って挙手してくださった学生の方に救われた気分でした。気を効かせていただいて感謝しております。

体力の衰えは避けられず、本日金曜日も胃痛や身体硬直にのたうちまわっておりました。

1月はもう少し体調を上手く管理して、残り少ないあなた方への授業を円滑に楽しく勧めるよう望む次第です。来月も宜しくお願い致します。

私が同志社大学で初めて教えた教室が寧静館N31です。学期の始まりにはできるだけ写したい建物。

私が同志社大学で初めて教えた教室が寧静館N31です。学期の始まりにはできるだけ写したい建物。

近況報告

最後に、この1カ月ほどの近況をウェブに日記として書いています。授業にもテストに関係するわけではありませんが、冬休みの息抜きにでもお読み頂ければ幸いです。美味しい鶏料理店やおしゃれなカフェの話も少し載せています。

参照URLに記しておきます。

また、遊民大学は大学生の興味関心を引き出すために多数の記事を書いています。参照URL以外の記事も積極的に読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました